ねっぷねぷなブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

機動戦士ガンダムSEED BATTLE DESTINY 初日プレイ感想

今日は昨日発売の「機動戦士ガンダムSEED BATTLE DESTINY」、略してGSBDプレイ初日の感想を書いていこうかなと思います

まずプレイヤー作成画面でのボイステスト、ここの「やってやるさ」でニヤリとしました
今までのシリーズの代名詞といっても過言じゃない台詞なので、このタイプの主人公がいたのは嬉しいですね
ただあくまでガンダムバトルシリーズなので、アサルトサヴァイブのように顔を作成することはできません
まぁアレは正直微妙でしたしこれでもいいと思います
んでゲーム本編です、グラフィックはホント凄いですね
まぁ元々Vitaが綺麗なこともあるんですが、それを差し置いても今までのシリーズよりかなり綺麗になっています
PS3のマクロスシリーズのちょっと下程度でしょうか
今までPSPや3DSのシリーズしかプレイしていなかった人は感動すると思いますよ

ガンダムSEEDシリーズのみに絞ったこともあって機体、キャラクターはかなり網羅されています
アストレイやMSVなんかの外伝ものもちゃんと収録されてますしね、パーフェクトストライク等もあります
ゴールドフレームやストライクフリーダム等のフレームは今までのシリーズの百式みたくテカテカですね
ただ水中戦闘がないので水泳部やモラシムさんはいません
海のステージは強制ホバー移動になります
中途半端に入れるぐらいなら……という判断でしょうか、まぁ後に触れますがその分戦闘のクオリティは高くなっているのでいいんじゃないかなと思います

キャラクターといえばなんといってもカガリやディアッカがいるのが大きいですね
久しぶりにガンダムゲーで喋る二人を見るのは新鮮です
ボイス量はアサルトサヴァイブ以上に多く、状況に則した台詞を色々と喋ってくれます
プレイヤーキャラ(自分で作成した奴)が「アークエンジェルが攻撃されてるわ!」みたいに言うのは初めてじゃないでしょうか
演説類もたくさんあります、まぁこのシリーズの難点として長い演説中に味方機が堕ちて途切れたりするんですが

戦闘時の演出もSEEDっぽくかっこいいものが多いです、発進シーンもいいですね
欲を言えばストライク等に戦艦からの発艦シーンが欲しかったところですが
機体モーションも中々のもので特殊モーションも結構あります
それと戦艦の縮尺も実際の設定に近く巨大になってます、大きすぎて若干的度増したような気がしないでもないですけど

原作の曲は今までのシリーズより若干多くなってるかな?
またVitaはカスタムサントラ機能が標準搭載なのでシリーズのウリが減って悲しいやら手順が簡単になって嬉しいやらよくわかりません

最後は戦闘について触れていきます!
最初にプレイしたらまず殆どの人が思うでしょうが今回非常に重量感があります、バトルロワイヤル並みかな?
最近のシリーズはどんどん軽くなっていたのでこれはホント非常に嬉しかったです
ただマップ広がったの相まって移動がめんどくさくなってる気がしないでもないです、フライトモードもないですし
しかしその分操作性はかなり上がっています
右スティック、タッチパネルでの操作が追加されたことにより視点変更、武器切り替え、変形パージとお茶の子さいさいです
PSPではボタン足りなかった感もあったのでのですごく快適になっています
視点変更追加によって宇宙での戦闘はかなりいいものになっています
今までのシリーズでは床が何十にも貼ってある感じでしたが今回はZ軸が追加された感じで敵味方の機体がいろんな方向向くようになりました
もちろんMA(MS変形のものも含む)の操作性も良くなっています、ついに念願の宙返り搭載ですよ!
2009年のアルティメットフロンティアに搭載されてからずっとこっちにもつけろって言ってきたので感無量です
移動に攻撃回避に戦闘に使えるのでうまくやればMSよりMAの方が強いかも知れません
それと流石PSVと言いましょうか、敵味方が入り乱れても処理落ち等は一切ないです、PSPはあのグラフィックでガクガクだったのに……
後一部のステージではちょっと天井が低く感じます
山を登れるステージでは顕著ですね、高低差に弱いんでしょうか 水中がないのもこの影響なのかなぁ
パージや換装、復活、総弾数等が取り入れられたことによって戦略性はかなり増しています
復活回数の為にバズーカをオミットして、でもそうすると弾数が心許ない……等の思考が面白いです
またチャージ射撃に「メイン武装の強制リロード機能」が搭載されたことによりこれの重要性も増しています
SPゲージを移動に使うか、リロードに使うか、SPAに使うか……の葛藤も中々悪くないです
今までだと「撃墜されたら終わり、弾数は無限、SPゲージはSPAに使うもの」だったのが
今作は「撃墜されても復活できる、弾数は有限(補給アリ)なのでやりくり必須、SPゲージの用途は多彩」になっています
他にはガードしていなくてもシールドに当たればシールドガード判定になったり、
フェイズシフト装甲搭載機体のエネルギーが切れると灰色になったり等細かい要素も多いです

と、まぁこんな感じでしょうか
今回はハード初作品なのにかなり密度濃いものになっているので興味あったら買っていいと思いますよ
オススメです
スポンサーサイト
コメント
No title
長文あらしやめてください
2012/06/09(土) 02:32 | URL | #-[ 編集]
No title
3行で
2012/06/09(土) 06:35 | URL | #-[ 編集]
No title
とっさにEXVSの操作しちゃうんだけど
2012/06/09(土) 16:53 | URL | #-[ 編集]
No title
す、すみません

まあ要するに
戦闘がかなり進化している
新ハード一発目なのに凄い
グラフィックも素晴らしい
ってところです

あー私も初めてVSシリーズやった時ガンバトの操作しちゃって戸惑いました
まあこればっかは慣れるしかないですね
EXVSをスティックで操作してるならGSBDはキー操作にしてもいいかもしれませんね
2012/06/09(土) 20:42 | URL | HANASE #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
購入予定のゲーム
最近のレビュー一覧
Twitter
プロフィール

HANASE

Author:HANASE
Address:東京都
PSID:hesana
ロb……

ねぷねぷ!!!!!!!!!!!!!

マクロス30
macross30-1.jpg
オレは少女漫画家
PlayStationトロフィー
検索フォーム
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カゴテリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Amazon商品検索
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。