ねっぷねぷなブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Vita「ディスガイア4R体験会」

今日は池袋ヤマダ電気LABI1で行われた魔界戦記ディスガイア4Return体験会行ってきました!わーい
CIMG5105.jpg
ここ以前も「魔女と百騎兵」の体験会もやってたところです
まーディスガイア4Rはリメイク+体験版配信中ってこともあってかあんまり試遊目当てのお客さんはいませんでした
デモプレイ機も4台→2台になってましたしね
あ、10分の体験するとB2ポスター1枚もらえます
あとは魔女と百騎兵の時は体験会参加すれば(サイン色紙)抽選会に参加できましたが、今回はヤマダで買わないと(三森すずこサイン入りポスター)抽選できないってことぐらいでしょうか
いや別にいいんですけどね……今回店舗毎のオリジナル特典あるし……ヤマダって店舗特典ないし……
数時間ぼーっと眺めてましたけど5~7人ぐらいやって1人当たったって感じでしたかね
とりあえずチキンハート発動して抽選はやらずに帰ってきました
ゲーム内容は体験版と同じぐらいですかね?体験版やってないから知りませんけど4-1ぐらいまででした
こう……範囲終わっても続けてプレイできるような初期のアレじゃなかったです
やっぱり4のグラフィックはいいですね!
背面タッチとかの要素はなくなっちゃってるんですかね?VitaTVとの絡みで だったら悲しいなあ

抽選台!
CIMG5113.jpg
試遊で貰えるポスター!
ってこれは三森すずこさんサイン入りなんですね
写真見て気づいた!
CIMG5110.jpg
なんか色紙
CIMG5114.jpg


ご飯は買い忘れたのでチャーハンだけでした
スポンサーサイト

PSVita「超次次元ゲイムネプテューヌ Re;Birth1」レビュー

超次次元ゲイム ネプテューヌRe;Birth1 (通常版)超次次元ゲイム ネプテューヌRe;Birth1 (通常版)
(2013/10/31)
PlayStation Vita

商品詳細を見る


シナリオ…B(完全に別物!)
バトル…A(PS3版最新作「V」ベース。というかそのもの)
システム…A(かなり改良されておりこれが完成形ってところかな)
キャラクター…B(かなり多くそれぞれ活躍の場もある)
その他…C(オリジナル版をもう少し尊重して欲しかった)

総評:80点
(2013/11/25 11:25修正)
続きを読む

ビビッドレッド・オペレーション あかねとマヨっとオペレーション!

本日PSNにて300円で配信されたPS3専用DLゲーム「ビビッドレッド・オペレーション あかねとマヨっとオペレーション!」
安かったのでDLしてやってみたんですが……ですが
凄いですねこれ
6月に発売される本編ゲームの宣伝なんですが、まず全くもってそのゲーム映像や画像が登場しない
ただのミニゲーム集となっちゃってます
そのミニゲームも主役のあかねちゃんがお皿に盛られた食べ物にマヨネーズをどんどんのっけていくだけです
ただそれだけです
スティックを回してマヨネーズをにょろにょろ……
早くて10分、遅くても30分あればトロコンできちゃいます
しかもモード「ビビッドかんたん」ではそのスティックを回す必要すらないです
ほっとくだけでクリアできちゃうんですね
でもなぜか中々の中毒性があってクリア後も何度かやっちゃいました
んで凄く虚しくなること請け合いです

2013_0328_143512_939.jpg
ぺかー

2013_0328_142243_883.jpg
狂ってる
2013_0328_142531_682.jpg
トマトににょろにょろ
2013_0328_142815_473.jpg
2013_0328_153615_185.jpg
2013_0328_142856_921.jpg
なんでクッキーにマヨネーズかけてんでしょうね
2013_0328_143401_405.jpg
一応失敗もあるよ!

2013_0328_142240_110.jpg
申し訳程度に挿入される宣伝
でも買う気になりました
アニメ見たことないのに!

マクロス30 銀河を繋ぐ歌声 レビュー

マクロス30~銀河を繋ぐ歌声 border=マクロス30~銀河を繋ぐ歌声
(2013/02/28)
PlayStation 3

商品詳細を見る


総評:95点

ストーリー:A(出来のいいオールスターシナリオ)
操作性:A(今までのシリーズとは一線を画す)
難易度:A(初心者向けのオートモードもアリ)
グラフィック:A(HD画質でバルキリーが動く!飛ぶ!)
ロボット:A(主要バルキリーは揃ってる)
キャラクター:A(オールスターキャラがフルボイスで喋りまくる!)
その他:A(やりこみ要素も充実)

マクロス30は販売バンダイナムコゲームス、開発アートディンク(スタジオアートディンク)によるフライトアクションRPGです
監修に多数のマクロスシリーズに関わってきた河森正治監督、シナリオに「F」の小説版を担当した小太刀右京氏、アニメパートは「F」のサテライト、そしてゲーム部分がPSP「フロンティア」シリーズを開発してきたアートディンク……と、スタッフ面もまさにオールスターとなっています
フライトアクション「RPG」とはなっていますが、基本的にはマクロスの可変戦闘機「バルキリー」シリーズを自由に操作して戦うことなります
では何が「RPG」なのか!といいますと、一般的に言うシームレスであるオープンフィールド系マップなんですね
広いマップを飛び回り、敵を見つけるとロード無しに戦闘が開始できます
もちろん超遠距離からスナイパーライフルで沈める、なんてこともできちゃいます
また戦闘中にアイテムで回復したり、ミッションをこなしたお金でアイテムを購入したり……、というところもRPG的ですね

・戦闘
基本はPSPシリーズ、PS3ハイブリッドシリーズで確立されたものです
飛ぶだけでも十分楽しいですし、アンチミサイルアクションでミサイルの迎撃なんかもできます
ミサイル発射→変形→ガンポッドで追い打ち、なんてことも可能です
従来と似た操作法も選択できますが、基本的に操作系はかなりアレンジが入っています
ここで一番大きいのは精密射撃モードでしょうか
L3押し込みにより立ち止まり、ズームして敵をスナイプする操作です
「メタルギア」に代表されるようなTPSモードですネ
ロックオンの仕様も変更されているので結構重要な操作になります
他に右スティックでの視点操作なんかも実装されており、PSPの操作性に最適化されていたシリーズが本格的に次世代機に対応したという感じでしょうか
操作性にメスが入ったことにより今までのものとは別物のような感覚で楽しめます
一度プレイしてみると進化が実感できると思います
やりこみ要素としてレースミッションもあり、これはかなりチューンされた機体じゃないと難しいです

・マップ
最高レベルにチューンナップした機体でも端から端まで結構かかるぐらい広いです
街も1マップにつき5ぐらいあり、それぞれミッションやショップのアイテムなんかが違います
またマップには洞窟や遺跡等のダンジョンがあり、侵入して探索することなんかも可能です

・シナリオ・キャラクター
全ての時代のシナリオが終了した後の話なので、敵は盗賊のバルキリーやはぐれゼントラーディですね
これといって新しい異星人は出て来ません、たまにバジュラなんかは出てきたりします
もちろん掛け合いもちゃんとありますよ、しかもフルボイスなのが大きいですね
戦闘中はもちろん、非戦闘時のADVパート会話ですらフルボイスです
アニメパートも盛り込まれており、シナリオを大いに盛り上げてくれます

「マクロス」シリーズ正史扱いなのでちゃんと三角関係もありますよ!
全員SMSウロボロス支社という一つの組織に属してるせいでしょうか、今までのマクロスシリーズよりアットホームな雰囲気もありますね
主人公のリオンは今までのシリーズと比べてもかなり大人な性格ですね、過去のトラウマのせいもあるんでしょうか
大人と言ってもノリは悪くないタイプです
ヒロインの一人、アイシャは歴史・メカニックに造詣が深いゼントラーディの女の子です
「ゼントラーディの血が入ってる」でなくゼントラーディそのものなメインヒロインって初めてなんじゃないんでしょうか
あの艦にマイクローン化装置あるのかな……
そして最後のヒロイン、ミーナは数万年前惑星ウロボロスに住んでいた人間の生き残り(プロトカルチャーではない)です
封印されていたミーナが起きてしまったことにより惑星ウロボロスに異変が起こり、
ミーナの記憶を取り戻しつつウロボロスの異変を止める道を探していく……ということになります
また歌姫でもあるので(OPやEDの主題歌も担当)、歴代マクロスヒロインと共に歌を歌ったりもします

……書いてて実感したんですけど、このゲームの女の子普通の人間いねえ!
ハンターギルドのリーロンも体インプラント化してますし
ちなみにヒロイン2人ともバルキリーで出撃できるんですが、後半は愛がないと力不足に……
多分大多数の人は別のキャラ使ってるんじゃないかと
三角関係といっても恋愛によってギクシャクってのはあまりないかなあ

その他歴代マクロスシリーズの主人公やヒロイン達も出てきますよ!
もちろんそれらのキャラにもフルボイスイベントやアニメーションシーンはバッチリ存在します
原作の進行度はよくわからない感じで出てくるんですが(明確に描写されない)、恋の決着は付いてない感じなので原作キャラの三角関係バトルなんかも見られます
シナリオにもちゃんと関わってきて、オリキャラや異なる時代設定の原作キャラと掛けあったりもします
媒体によって設定が複数ある作品はマクロス30では「初代:TV版、F:劇場版」って感じですかね
まあこれらも微妙に愛おぼやTV版と擦り合わさってますけど

機体
基本的にVFシリーズのバルキリーを開発・搭乗することになります
開発のための設計図はストーリー進行やサブミッションで取得できます
HDになったバルキリーを飛ばすだけでも楽しいですよ!
オープンフィールドなので見えるところには大体行けますしね
またモーションもかなり気合が入っており、バトロイド(人型)形態で着地したとき地面に手を付いたりします
機体数は基本的にアニメに出てきた機体(バルキリー)はほとんど網羅してるんですが、7の機体が少ないかな……、とは感じます、ここはちょっと残念ですね
まぁ7は1人で全て持ってく主人公がいるから仕方ないっちゃ仕方ないのかもしれませんが
アニメパートのドッグファイトやオールスターバルキリーでの編隊飛行は必見です

総評
凄~く楽しめたので、個人的には100点でも良かった!
良かったんですが、もうちょっと出来るところもあったんじゃないかなと
不満点を言えば
・ロックオンシステム変更のせいでリアルフライト操作モードが微妙になっている
・カスタムサントラが一部曲しかできない
・デストロイド使えない
ってところでしょうか
まあアップデートなんかで解消できそうなところもありますが
特にデストロイドは脇役ですがマクロスの重要な要素ですしねぇ
せっかくマクロス級が鎮座してるんだからモンスターで艦橋からぶちかましたかった!

でもゲームとしてはかなーり面白いので買う価値ありますよ!是非買いましょう!
こういうロボットゲームは今までなかったのでもっと増えて欲しいです
もちろんこれのシリーズ化も大歓迎ですヨ!
あ、おまけ要素として河森監督、声優陣のインタビューやMUF、MTFの限定版仕様OPムービーも収録されています
特にMUFのOPムービー!これ大好きだったので凄く嬉しいです

PSP「バトルロボット魂」レビュー

バトルロボット魂バトルロボット魂
(2013/02/14)
Sony PSP

商品詳細を見る


総評:85点

ストーリー:B(あってないようなモノ)
操作性:A(無茶が出来ない「ガンダムバトル」)
難易度:B(最終的に10機まで持ち込めるので、チューンPtさえ貯まれば)
グラフィック:B(PSPに多くは求められないか)
ロボット:B(ロボット魂ならほとんどいる……、というわけでもない)
キャラクター:B(ロボットのパイロットは不在)
その他:A(完成度は高い)

今回はPSP「バトルロボット魂」のレビュー!
バンダイナムコゲームス販売、アートディンク(スタジオアートディンク)開発のロボットアクションゲームです
「バトルシリーズ×ロボット魂」とのことで、そのシリーズ最新作にあたるようです
いつ「ガンダムバトル」から「バトル」シリーズになったかは存じませんが、とりあえず通算7作目……でいいんですかね?(PSP4作、3DS1作、Vita1作)
ストーリーとしては仮想空間上でホビーの「ロボット魂」を使い、様々なプレイヤーと対戦していく……という形になります

・戦闘
戦闘はバトルシリーズとある通り、既存のガンダムバトルシリーズと似たようなシステムになっています
大きな違いは「最大10機まで機体を持ち込め、戦闘中に機体のチェンジができる」「SPチャージシステムがない」「オーバーヒートの概念がある」といったところでしょうか
機体チェンジのシステムは「ガンダムアサルトサヴァイブ」のそれをもっと自然にシステム化した感じです
SPチャージショット等がないのはPSP「マクロストライアングルフロンティア」でもやってましたね
また変形がシステムによるものでなく武装の一つになってたり(武装は3つまでしか持ち込めない)、
急上昇や急下降も無くなってたり、今までのシリーズに比べると制限が多く無茶な動きがし難くなっている感じです
ただその分「魂チェンジシステム」や機体HPの保持によって戦略性はかなり増しています
シナリオミッションはマップ制になっており、限られた機体、HPで1マップにつき数~数十のミッションと最後に待つボス戦を戦っていくことになります
どこでどの機体を使うか、HPを減らして大技に賭けるか、HPを保持しつつ慎重に行くのか……機体の順番もかなり大事になります
勿論機体チューンもできるので、魔改造すればアームスレイブで空を飛びまくることもできます
……と、もう一つ
「ロボット魂」の設定なので、アニメ設定上変形ができる機体でも玩具で変形が出来ないものは変形することはできません
単独作品でゲームを出してるはずのVF-25メサイアとかネ

・機体
参戦機体ですが、ロボット魂のシリーズはほとんど参戦しています
ただ一番種類が多いガンダムシリーズ(SIDE MS)やエヴァンゲリオン(SIDE EVA)あたりの有名ドコロがいないんですね
そのかわり参戦シリーズの機体は丁寧に作られていますし(モーションも専用の物が多い)、(何故か)超合金からのゲスト参戦なんかもあります
版権料等の都合もあったのかもしれませんが、ここはちょっともったいないですね
まぁ……・参戦作品はかなり制作スタッフの趣味なところがあるんじゃないかと踏んでますケド

・キャラクター
あくまで「ロボット魂」のゲーム化なので原作パイロット等はいません
その分ナビゲーター(CV藤田咲)が盛り上げてくれることはくれます
一応このキャラクターを使ったシナリオもあるし、結構盛り上がるんですけど声付きキャラが2人だけじゃちょっと寂しいかな……
エリアボスとして6人ぐらいのボスキャラクターいるんですが、声付いてないのが少し残念です
原作厨な人とか実際にいそうで面白いですね

・その他
「ロボット魂」のゲームなのでディスプレイやポージング要素もあります
追加パーツもちゃんと実際のロボット魂に付属しているものは付属、
現実でも別売りなものはキチンと別売りになったりして結構凝ってます
スクリーンショットも撮れますし、これはこれで中々楽しいです
また戦闘BGMはこの手のゲームにしては珍しく原作アニメのBGMオンリーになっています
もちろんカスタムサントラで別の曲に差し替えることもできますよ

というわけで「バトルロボット魂」のレビューでした
結構纏まりもありますし、いい作品に仕上がってるという印象です
ただやっぱりPSVITAのバトルシリーズを見てからだとグラフィック的に見劣りしちゃいますね
ボリューム的にはとりあえずのクリアまで15時間ぐらいといったところです
PSPのアートディンク製ロボゲーはこれで打ち止めでしょうか
締めとしては中々のものができた思いますよ!!
所々低予算なところが垣間見えますけどね
とにかく!「マクロス30」等、これからの作品にも期待したいところです
購入予定のゲーム
最近のレビュー一覧
Twitter
プロフィール

HANASE

Author:HANASE
Address:東京都
PSID:hesana
ロb……

ねぷねぷ!!!!!!!!!!!!!

マクロス30
macross30-1.jpg
オレは少女漫画家
PlayStationトロフィー
検索フォーム
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カゴテリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Amazon商品検索
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。