ねっぷねぷなブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PSP「バトルロボット魂」レビュー

バトルロボット魂バトルロボット魂
(2013/02/14)
Sony PSP

商品詳細を見る


総評:85点

ストーリー:B(あってないようなモノ)
操作性:A(無茶が出来ない「ガンダムバトル」)
難易度:B(最終的に10機まで持ち込めるので、チューンPtさえ貯まれば)
グラフィック:B(PSPに多くは求められないか)
ロボット:B(ロボット魂ならほとんどいる……、というわけでもない)
キャラクター:B(ロボットのパイロットは不在)
その他:A(完成度は高い)

今回はPSP「バトルロボット魂」のレビュー!
バンダイナムコゲームス販売、アートディンク(スタジオアートディンク)開発のロボットアクションゲームです
「バトルシリーズ×ロボット魂」とのことで、そのシリーズ最新作にあたるようです
いつ「ガンダムバトル」から「バトル」シリーズになったかは存じませんが、とりあえず通算7作目……でいいんですかね?(PSP4作、3DS1作、Vita1作)
ストーリーとしては仮想空間上でホビーの「ロボット魂」を使い、様々なプレイヤーと対戦していく……という形になります

・戦闘
戦闘はバトルシリーズとある通り、既存のガンダムバトルシリーズと似たようなシステムになっています
大きな違いは「最大10機まで機体を持ち込め、戦闘中に機体のチェンジができる」「SPチャージシステムがない」「オーバーヒートの概念がある」といったところでしょうか
機体チェンジのシステムは「ガンダムアサルトサヴァイブ」のそれをもっと自然にシステム化した感じです
SPチャージショット等がないのはPSP「マクロストライアングルフロンティア」でもやってましたね
また変形がシステムによるものでなく武装の一つになってたり(武装は3つまでしか持ち込めない)、
急上昇や急下降も無くなってたり、今までのシリーズに比べると制限が多く無茶な動きがし難くなっている感じです
ただその分「魂チェンジシステム」や機体HPの保持によって戦略性はかなり増しています
シナリオミッションはマップ制になっており、限られた機体、HPで1マップにつき数~数十のミッションと最後に待つボス戦を戦っていくことになります
どこでどの機体を使うか、HPを減らして大技に賭けるか、HPを保持しつつ慎重に行くのか……機体の順番もかなり大事になります
勿論機体チューンもできるので、魔改造すればアームスレイブで空を飛びまくることもできます
……と、もう一つ
「ロボット魂」の設定なので、アニメ設定上変形ができる機体でも玩具で変形が出来ないものは変形することはできません
単独作品でゲームを出してるはずのVF-25メサイアとかネ

・機体
参戦機体ですが、ロボット魂のシリーズはほとんど参戦しています
ただ一番種類が多いガンダムシリーズ(SIDE MS)やエヴァンゲリオン(SIDE EVA)あたりの有名ドコロがいないんですね
そのかわり参戦シリーズの機体は丁寧に作られていますし(モーションも専用の物が多い)、(何故か)超合金からのゲスト参戦なんかもあります
版権料等の都合もあったのかもしれませんが、ここはちょっともったいないですね
まぁ……・参戦作品はかなり制作スタッフの趣味なところがあるんじゃないかと踏んでますケド

・キャラクター
あくまで「ロボット魂」のゲーム化なので原作パイロット等はいません
その分ナビゲーター(CV藤田咲)が盛り上げてくれることはくれます
一応このキャラクターを使ったシナリオもあるし、結構盛り上がるんですけど声付きキャラが2人だけじゃちょっと寂しいかな……
エリアボスとして6人ぐらいのボスキャラクターいるんですが、声付いてないのが少し残念です
原作厨な人とか実際にいそうで面白いですね

・その他
「ロボット魂」のゲームなのでディスプレイやポージング要素もあります
追加パーツもちゃんと実際のロボット魂に付属しているものは付属、
現実でも別売りなものはキチンと別売りになったりして結構凝ってます
スクリーンショットも撮れますし、これはこれで中々楽しいです
また戦闘BGMはこの手のゲームにしては珍しく原作アニメのBGMオンリーになっています
もちろんカスタムサントラで別の曲に差し替えることもできますよ

というわけで「バトルロボット魂」のレビューでした
結構纏まりもありますし、いい作品に仕上がってるという印象です
ただやっぱりPSVITAのバトルシリーズを見てからだとグラフィック的に見劣りしちゃいますね
ボリューム的にはとりあえずのクリアまで15時間ぐらいといったところです
PSPのアートディンク製ロボゲーはこれで打ち止めでしょうか
締めとしては中々のものができた思いますよ!!
所々低予算なところが垣間見えますけどね
とにかく!「マクロス30」等、これからの作品にも期待したいところです
スポンサーサイト
雑記 | ホーム | 雑記
コメント
No title
持ち点AとBしかないんで?
2013/02/25(月) 21:01 | URL | hanasefan 114514 #-[ 編集]
No title
・参戦作品はかなり制作スタッフの趣味なところがあるんじゃないかと踏んでますケド→え、版権スパロボ始め版権物は大概作品選びからじゃ、、
(ウィンキー時代はシナリオから作ってたけど最近はシナリオ後付け)

ミッション中の掛け合いはフルボイスではあります……キャラ2人しかいませんけど→ちゃんとプレイしたんですか?CV付いてないだけで個性ある
キャラがエリアボスとして7人出てきますよ?CV付きでないと認めないの?
2013/02/26(火) 08:55 | URL | #-[ 編集]
No title
ゲームとして特別抜きん出たところはないけど取り上げて卑下するところもないって感じでしょうか
何というか最後に書いてる通り高レベルで纏まっているって評価が適当ですかね
面白いですよ!

版権ものといってもホビーのゲーム化、という名目ですからね
ROBOT魂は参戦無理そうな藤子不二雄とワタル抜けばガンダム、ガンソ、エヴァでコンプですし
(ガンダムは今までの作品で大体モデリング作ってはいる)
超合金からの参戦作品は古めの物が多いですし
それもマジンガーみたいに超人気!な作品ではなくイデオンやザブングルであります
特にザブングルは熱烈なフリークいますし、ねじ込んだのかな……と
後者は確かにおかしかったですね、申し訳ありません
修正しときました
2013/02/26(火) 09:34 | URL | HANASE #-[ 編集]
No title
あってないようなものでBって甘いなw
2013/02/26(火) 15:45 | URL | #-[ 編集]
No title
上にある通り高レベルで纏まってますし、
システムとしては使い回しなんですけど、バトルロワイヤルあたりで完成してるものですしね
それが更に洗練された感じでしょうか
本家バトルシリーズとはまた別の進化なんですが嫌いじゃないですよ
2013/02/26(火) 17:03 | URL | HANASE #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
購入予定のゲーム
最近のレビュー一覧
Twitter
プロフィール

HANASE

Author:HANASE
Address:東京都
PSID:hesana
ロb……

ねぷねぷ!!!!!!!!!!!!!

マクロス30
macross30-1.jpg
オレは少女漫画家
PlayStationトロフィー
検索フォーム
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カゴテリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Amazon商品検索
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。